Facebookで共有 twitterで共有
一人一人の違いを知ることで道が開ける
私がマヤ暦に出逢ったのは2017年12月、目の中にヘルペスができ、
激痛で光を見るのが辛い「今世での闇」を数ヶ月味わっていた頃。
 
法事のため帰省した長崎で、アフリカにいるはずのK256大田真里さんと
10年ぶりに再会した事がきっかけでした。
 
ご自身も娘さんの事で大変な事情を抱えていたにも関わらず
「心配はHappyを呼ばないから、私は子供を信じるわ」と、
 
キラキラとマヤ暦の魅力を語り続けてくださる姿に、どんどん引き込まれていったのです。   
 

私がアドバイザーを目指したきっかけ

結局、長崎で3週間入院し、K260の日に退院。
 
2018年2月27日、52歳の誕生日直前に真里さんからマヤ暦を学び出しました。
 
香川に戻ってから、久しぶりに訪れたマクロビカフェのオーナーK91佐藤真理子さんに
初めてマヤ暦リーディングをさせていただいたところ
 
「是非ここでマヤ暦お茶会をやって欲しい!」と驚きのご依頼が。
 
その2ヶ月後、初めて訪れたサロンでもマヤ暦の話になり、
K139リンパ整体師さんから「是非、 資格を取ってください」と
ガイドのお二人から背中を押され、アドバイザーを目指すことになりました。
 
何でもやりだすと一途に一生懸命のめり込む私をみてK249の娘はとても冷ややかでしたが、
長崎のK82本多洋子シニアにアドバンスを受講させていただく中で、大きな変化が訪れました。
 

娘の海外行きを心配した私への一言


心の病を何度も経験してきた娘が、海外行きを望んでいる事を凄く心配する私に対し…
 
「宇宙に繋がっていたら、世界中どこにいても大丈夫!娘さんにもマヤ暦を学ばせてください!」
と力強い言葉。洋子シニアの愛あるサポートのお陰で2019年1月、娘と共にアドバイザーになり、
 
K91の方のマクロビカフェで、親子でマヤ暦お茶会を主に活動し始めました。   
 
マヤ暦に出逢うまでは、赤ちゃんの頃から数年苦しんだ筋肉の病気・
中学校時代の不登校・社会に出てからの心の病等、
 
様々な体験をしてきた娘のことを「心身共にか弱い子だ」と思い込み
「これ以上、傷つかないよう守らねば」と精一杯子育てしてきたつもりでした。
 
ところがマヤ暦に出逢ったことで、娘がメチャメチャ魂の大きい人間である事を思い知り、
やっと手放す覚悟ができたのです。
 
 

キンナンバーを知ることの意味。

昨年春、コロナまっただ中、娘はルクセンブルクに旅立ち、26歳で国際結婚しました。
 
私と主人が結婚したのも26歳。しかも主人のキンバースデー。
 
幼少期から父が母に暴力をするという環境で育ち、優等生を演じることで
自分の身を守ってきた私にとっては、結婚が「人生の再出発」そのものでした。   
 
私をマヤ暦に導いてくれたK91は亡き父のナンバーでもあります。
 
「手を出す男性は最低だ」と思いながらも、晩年は誰よりも私の理解者であり、
まさに私のガイドだったな、とキンナンバーを知ることで、感謝が溢れました。
 
ガイドのK91真理子さんの言葉を通して、今でも父の存在を感じることがあります。
 
キンナンバーを知ることで、一人一人の違いを知り
立ち位置を知ることで、相手を認められるようになる。   
 
国際結婚した娘の夫はイタリア人、K202。
主人のガイドであり、私がガイド。
 
言葉が通じなくてもキンナンバーを通して、相手を知ることができると実感しています。
 

どこにいても宇宙につながっていたら大丈夫!


洋子シニアが言われていた通り「宇宙に繋がっていたら、世界中どこにいても大丈夫!」
まさに人生最大のツールに出逢わせていただいた事に感謝しかありません。    
 
2020年3月、娘のキンバースデーに新しいアドバイザーが誕生。
 
同じ年の10月、香川で初めて試験を開催していただき、
K91真理子さんを含む5名のアドバイザーが誕生。
 
今、白い時代の13年目、2021年9月には5名のメンバーさんがアドバイザー試験に挑みます。   
 
52歳「人生の本道」直前にマヤを学び出してから今日に至るまで、
イメージが現実化しやすいキンナンバーK23のエネルギーに乗って、
一人一人とのご縁を大切に歩み続けてまいりました。

最後に。

今回掲載依頼のお話をいただいたのも、
K196黄色い戦士の音1の日!まさにサプライズチャレンジギフトをいただいた気分です。
 
マヤ暦に出逢うまでの白い時代の数年間「誰かの役に立つ何かをしたい」と思いながらも、
真っ暗闇を彷徨っていた青い夜の私が【一家に一人マヤ暦を】と夢を語り続けながら、
今では沢山の素敵な仲間に囲まれて、とても充実したhappyな日々を送れています。
 
マヤ暦を通してご縁をいただいた皆様全てに、心から感謝致します。
このストーリーのアドバイザー
田中 春美
スーパーアドバイザー
田中 春美

関連ストーリー

娘の誕生は人生の大きな分岐点だった。

娘の誕生は人生の大きな分岐点だった。

娘は、生まれた時から「普通」ではなかった。   8ヶ月検診で、異常が分かり、 「このままだと3日以内に死ぬ。大きな障害がある可能性もある。 どうするか明日までに決めてください」   そう言われた時は、目の前が真っ暗になった。   [...]
つらい事うまくいかないとき、何もいつまでも持ってなくて良い。

つらい事うまくいかないとき、何もいつまでも持ってなくて良い。

私がマヤ暦と出合ったのは5年程前でした。   印象は、「私の軽めの脳には難しいな。」で、 理解せず終わりました。 その後、まもなく・・・ [...]
人生がサポートされている、守られている。を実感しています

人生がサポートされている、守られている。を実感しています

もともとポジティブ変換上手な私が、超ド級に変化しました。 また日々の小さな喜び・幸せに気づく力、面白がる力がUPしました。 平凡な一日に意味が生まれ、変化を感じられることが嬉しくてたまりません。   また・・・ [...]