Facebookで共有 twitterで共有
子育てだけで毎日が終わっていた私。
専業主婦だった私は、子育てだけで毎日が終わり、特別悩みがあるわけでもなく、
「占いは必要ない」と思っていました。
 
そんな折、お友達が「悩みがあるので相談したい」と言ってきました。
 
マヤ暦なんて中身はまったく知らないのに、
「マヤ暦というものを仕入れたけど、会ってみる?」と私。
 
それで、その「面白い人」へ繋いだのがご縁の始まりです。

『おはようございます。今朝の目覚めはいかがでしたか?』

コロナ禍になってから LINE公式『マヤのお話致しましょ!』にて
声をお届けするのが、私の朝の日課になりました。

マヤ暦との出合いは7年前、
夫の「マヤ暦を語るおもしろい人に会ったよ」の一言からでした。


当時の私は、一週間に3時間のお出掛けがやっと。
 
 
一日中家にいても苦痛ではありませんでした。
 
 
ただ、友達からは不思議がられ、私は変なのかと思い始めてもいました。
 
 

せっかくなので、マヤ暦で私のことを聞いてみたら・・・

彼女の答えは「2年後、家にいませんよ」と。
 
私には何を言っているのか全然わかりませんでした。
 
そして夫との関係も、
 
「宇宙人同士だから会話が成り立たないのも無理はありませんね」と。
 
その当時の私には、あまりにも理解不能なお話だったので、
これはマヤを学ばなければと思ったのがきっかけです。

丁度、黄色の時代13年目。今ならわかります。
 
このマヤ暦との出合いが宇宙からの「ギフト」でした。

 

マヤ暦と出会って2年後には。


マヤ暦アドバイザーになり、本当に家にいない日が増えました。

 
K250白い犬の夫とは度々、夜中まで話(?)をするのですが、
犬の夫は、ワンワン吠えているだけであり(ごめんなさい)
私にとってそれは話ではないのです。
 
 
そして「白い風 赤い地球」この紋章を持っている私は、
話しても話してももっと聞いてほしいのです。
 

なので何度も心の中で離婚を考えていました。
 

マヤをお伝えする時、ご相談ごとにのる時、
私の中でスッキリしない所がありました(お伝えした方ごめんなさい)
 

「マヤを学んだらみんな幸せになるはずなのに…なぜ?」

52歳になった時に、はたと気がついたのです。

私の今世のテーマは「家庭」と
夫の白い犬のテーマ「家族のような人を作る」だということを。

宇宙は最高のタイミングで私にも準備して下さっていました。
 
マヤの学びで生きる意味が分かり、
第二の人生のスタートの年に、新しいテーマを授けてくれたのです。

シンクロニシティをあまり感じなかった私は、
今までシンクロメイトを読みながら、
 
皆さんシンクロだらけで凄いな~って思っていたのです。
 
この三年間でお逢いした方々も
マヤに出逢うタイミングがぴったりで皆さんすごいって思うことばかり。

でも、シンクロニシティって、気づくことなんだ
 
気づけることができるかどうかなんだと。
 
新しいテーマの片鱗がわかったような気がしました。
 
沢山の方のすばらしい人生の最高のタイミングに、
マヤをお伝えすることができていることは、
私にとって大きな喜びであり、宝物になっています。

 

今の私、これからの私。

 
今、私は
『大自然の中で体の声を聞き、クリスタルボールで心を癒し、薬膳料理で体を整える。
マヤ暦で自分軸をつくり、疲れた時は裸足で歩いて大地のエネルギーを受けとる。
誕生日前夜は星の下で眠り宇宙からのメッセージを聞く。
話しあいたい時は飽きるまで話をしあう』 
 
 
それが可能な空間であり、アナスタシアの一族の土地のような空間を、
長野県の「白馬山麓」に作ろうと52歳の年に決めました。
 
夫の年回りでも私の年回りでもピッタリ一致する、あと2年後。
 
マヤ暦を愛する皆様を家族としてお迎えできる家を
「白馬」に創造するとイメージして、毎日にんまりしています。
 
このストーリーのアドバイザー
渡邉 恵子
シニアアドバイザー
渡邉 恵子

関連ストーリー

生き方のヒント!?なにそれ!行きたいっ!

生き方のヒント!?なにそれ!行きたいっ!

2013年11月…赤の時代9年目 第1の城がマヤ暦との出逢い。 滋賀の卯田恵子シニアK37・5(4月1日 K38真夜中生まれ)から、 「早苗〜!すごいでマヤ暦!生き方のヒントやねん! 岐阜で講演会聴いてきたけど、 ほんま1人で聴いてるのもったいなかった! 今度講演会してもらえるしおいで〜!」     「なにそれ〜っ!?生き方のヒント!?行きたいっ!いつ?」   [...]
私の年回りはK13、赤の時代のギフトの年。

私の年回りはK13、赤の時代のギフトの年。

私が初めてマヤ暦に出会ったのは14年前、2006年4月9日越川先生のスタートアップ講座でした。 その当時のテキストはプリントで、参加者は20名ほど。   越川先生の著書で、この日が福岡で開催された初めてのスタートアップ講座だと知り、 貴重な講座を受講していたのだと改めて思いました。   このときの私の年回りはK13、赤の時代のギフトの年。しかも宇宙の定数13。   今 [...]
人生がサポートされている、守られている。を実感しています

人生がサポートされている、守られている。を実感しています

もともとポジティブ変換上手な私が、超ド級に変化しました。 また日々の小さな喜び・幸せに気づく力、面白がる力がUPしました。 平凡な一日に意味が生まれ、変化を感じられることが嬉しくてたまりません。   また・・・ [...]