Facebookで共有 twitterで共有
インタビュー「マヤ暦を学び、今が人生で一番楽しいと心の底から思えました」

身内との関係修復や自己肯定感が上がった体験談をお話いただきました。
人間関係を修復したい方、自己肯定感をあげたい方の希望となるストーリーです。

−シンクロニシティ研究会の講座に初めて参加された時、どんな状況でしたか? 

初めての講座は富山のシニアアドバイザー宮池佳代さんの入門講座の受講です。当時 その時に属していたある協会のインストラクターを辞めるタイミングでライフワークにしようと思っていたその協会が思っていたものと違い、いわゆる三次元(お金)バリバリだったことに嫌気がさしていた時期でもあり、また家族関係でも 実母との関係、結婚したばかりの⻑男の嫁との関係が上手くいかず人間関係でもどん底の状態にいました。
 

−シンクロニシティ研究会の講座はどのように知りましたか? 

宮池佳代さんが以前からマヤ暦のアドバイザーもなさっていることを知っていて、思い切って「マヤ暦が気になるんです」と相談させてもらったのがきっかけです。
 

−講座を知ってすぐに参加の申し込みをしましたか? 

宮池さんを信頼していたので躊躇なく入門講座を申し込み、その翌日にはダイアリー講座を受講していました。最初はアドバイザーになるつもりはなかったのですが、入門講座を受けて嫌いだった自分のことがよくわかり、もっと知りたくなりました。
 

−具体的にどんなことが知れたのですか?気になったキーワードがあれば教えてください?

私はこれまでずっと家族のことばかりに引きづられていたし、比較の中で生きていたのですが、その理由が「白い犬」だからかぁ〜ということが理解できて、もっともっと自分の性格を知りたくなりましたし、家族のことも自然と知りたくなりました。ダイアリー講座を受けて、もっと知りたい。と思い始めて学ぼうと思いました。
 

−マヤ暦の講座がたくさんある中で、何が決め手となってシンクロニシティ研究会の講座の参加を決められましたか?

他にマヤ暦の講座があることすら知らなくて、ただ宮池佳代さんが信頼できる方なので安心して講座の参加を決めました。
 

−講座に参加してみての感想やその後の自分自身の変化などをお聞かせください

それまで自己肯定感をアップさせるための様々なセッションを受講した経験があったのですが、初めてマヤ暦で自分の本質とは何かを知ることにより 「何これ?」「面白い」「すごい」 と自分の中で、もっと知りたい衝動にかられて、即日初級講座に申し込みました。 その後、なぜだか準備されていたように スケジュールがポンポンと決まって 約2か月でアドバンス講座も終えることができ、本当に準備されていたかの様に アドバイザー試験もその 1 か月後に用意されていました。何かに導かれていくようなそんな感覚で学び受験した覚えがあります。また学びを進めてる間に 「アドバイザーになったらぜひ学びたい」という方が 周りにちらほらおられて その方々にお伝えするためにも 頑張って勉強しようと励みになってました。 
 

−人間関係が拗れると修復にはかなりの時間がかかると思うのですが、どのくらいかかりましたか? 

私の場合は、長男のお嫁さんとの関係修復は半年でとても早かったと思います。なんでも持ったらすぐに使いたくなるタイプなので、マヤ暦を学んだ後にすぐに使いました(笑)
実際にマヤ暦でお嫁さんのことを見ると、自分と同じ部分が見つかったり、息子夫婦のつながりが深いことを理解したことで、歩み寄るきっかけができました。
関係が良くなった後にお嫁さんがすぐに妊娠をし、つわりの最中から産後のサポートまでできたことで、信頼関係がますます強くなり今では本当の親子のような関係になるまでになっています。

 

−実母との関係はいかがでしたか?

マヤ暦の学び始めの頃は、実母のことを調べる気持ちに全くなれませんでした。ある時、子育て講座を受けてみると、自分の親のことを書き出せば×ばかり。逆にそんなにうまくいっていないと思っていた主人の親には○が多くありました。(自分の親には二重で×をしているところもありました。)
しかしながら、2ヶ月後に“子育て講座”を再受講すると自分の実母に全て○がつけられるようになったのです。

 

−なぜ、○に変わったのですか?

マヤ暦アドバイザーの活動を通して、他の方の話を伺ったりすることで自分の視野が広がったのかもしれません。その当時の実母の状況や事情を想像することで、嫌だと思っていた部分に対して「仕方ない」ということで一つ一つが○になっていき、人前で号泣してしまいました。感じ方が変わったのかもしれません。私は長男の嫁として、嫁いだのですが「地来復」だからか、自分の親も面倒を見ることになって、マヤ暦の学びとともに少しずつ自分の気持ちや関係に変化が現れていきました。
 

−接点が増えることによって、関係は修復したのですか?

いえ。そうではありません。接点があればあるほど、衝突すると思うので、私の場合は、マヤ暦を学ぶことで親への理解が深まっていき、気持ちの変化が訪れました。実母の性格は変わらないですが、性質を理解したことで自分の気持ちの折り合いをつけられたことがとてもありがたかったです。自分の捉え方や実母への気持ちは100%にはなっていないけど以前よりも折り合いをつけることができ、存命の間に修復できて本当によかったです。
 

−マヤ暦はどんな時に有効だと思いますか?

私は、もともと占い系が好きだったので体験をたくさんしたのですが、実際には根本は変わりませんでした。だからこそ、色々な占いで見てもらうよりも、自分で自分のことを知って、セルフケアをする方が楽です。マヤ暦は、誰かを頼らなくてもいいものですし、ミラクルダイアリーを使うことで自分と向き合うことによって、誰かに依存しなくて済むし、自分で解決できます。マヤ暦は、自分に何か見えます。という能力がなくても、大丈夫。
学ぶことによって自分で腑に落としていけるのは、マヤ暦以外にないと思います。
今では、過去のこれでもない。あれでもない。と色々回っていた時間がもったいなかったなと感じています。
 

−自己肯定感アップのセッションとマヤ暦にはどんな違いがありましたか?

自分の小さなころを思い出すセッションは疑り深い自分の性格には合わなかったけど、マヤ暦は本当に違いました。
私は子供の頃から、「あなたはダメ。」「こうすると●●になる」と実母から否定的な言葉を言われてきましたが、その子育てが嫌だったにもかかわらず、自分の子育ても母と同じようにマイナスの言葉を自分の子供にかけてしまっていた経験があります。
しかし、マヤ暦アドバイザーとして、自分の経験をお伝えしたり、自分の振り返りもできるので、活動を積み重ねていけばいくほど、自分を認めることができるようになり、いつの間にか自己否定的な言葉がなくなっていきました。

 

−自己肯定感が高い、低いは環境が関係しているということですか?
(もしそうであれば、自己肯定感を上げる方法はありますか?)

はい。私はそう思います。
もし自己肯定感を上げるのであれば、マヤ暦を学び、自分の経験を伝えていくことで肯定的になると思います。マヤ暦を届けることでみなさんが喜んでくださるし、あなたに会えてよかった。この言葉は、他人様から言われることはマヤ暦アドバイザーの活動をするまでは、ありませんでしたし、それまでは、お節介焼きのおばちゃんという感じだったと思います(笑)いつも人の世話を焼きたがっていたし、困っている人をみるとほっとけない性質だったので、マヤ暦を学ぶことで人との距離感も見えてきました。人それぞれの対応の仕方もわかりました。人それぞれ感じ方が違うし、ほっといてほしい人もいますしね。
体験会や講座で経験やマヤ暦を伝えることによって、みなさんがマヤ暦を学んで楽しかったです!会えてよかったです!と言ってくださるので、調子に乗っていつの間にか自己否定の言葉を発することがなくなり、自信を持って生きられるようになりました。

 

−マヤ暦をお届けする際に大切にしていることはありますか?

マヤ暦体験会では、キンナンバーと紋章と音、ガイドをお伝えしているのですが、お一人お一人にとってプラスの言葉をお届けするようにしています。例えば、眉間に皺を寄せてこられたことがいらっしゃれば、過去の自分と重ね、当時の自分だったらどうされると嬉しいか?を意識してお伝えさせていただくことで、表情が柔らかくなって、楽しかった!元気が出た!あなたに会えてよかった!というお声を聞くことができています。笑顔になる言葉は、自分も周りも元気にできる。とそう思っています。
 

−現在、アドバイザーとして活動されるようになってから、どのようなことに気づくようになりましたか?

アドバイザーとして活動する様になってからは、私の人生が180度カラフルに変化しています。今までは心配性でネガティブだった性格が、ポジティブ そしてなんとかなるさ〜な、楽天家(笑)に。変化して毎日が楽しい♪何より子育て講座を受講したことがきっかけで、一生縁を切ってもよいかもと考えていた、実母を許すことができ、高齢の彼女が存命の間に母娘としての関係修復できたのが一番ありがたいなあと思えることです。
そして、当時険悪ムードだった⻑男の嫁との関係も彼女の本質を知ることで向き合い方、間の取り方がわかることで寄り添うことができ、彼女のほうも心をフルオープンにしてくれたことによって、関係性がまるで実の母娘のように、気楽に付きあえることが出来るようになっています。

 

−現時点で、どのくらいの期間マヤ暦を学ばれたのですか?

2年です。その2年で大きく変わりました。(顔まで変わりました!)表情まで変わったおかげで、同級生から「何をしているの?」とたびたび聞かれるようになりました。その後、友人から私もマヤ暦を学びたい!と受講されるようになり、周りとの関わり方にも変化がありました。以前は、マヤ暦やっているよ!と言えなかったけど、今では逆に「マヤ暦って知ってる?」と自分から言えるようになりました。
 

−なぜ、そんなふうに変われたのですか?

う〜ん。なんだろう・・・。
それは、私自身も最近思っている問いなのですが、やっぱりマヤ暦のおかげだと思っています。マヤ暦を学ぶことによって、自分のネガティブ、心配性だった部分がいつの間にかさっぱりなくなっているので、たとえ何か嫌な出来事があっても「しょうがないか。」と思えるようになれたことが大きいです。そのほかに、ミラクルダイアリーを使っているのもあるけど、一番はシンクロニシティ研究会の越川代表の幸せになって欲しい。そんな想いがダイレクトに入ってくるからかもしれません。他の団体であれば、ここまでしてくれないことは身をもって知っているので、本当にありがたいです。
(他の団体を知っているからそう思えることなので、その経験さえも今では感謝です。)

 

−西村さんが思うシンクロニシティ研究会のおすすめポイントを教えてください。

①勉強したいという意志のある人を全力でサポートしてくれる
②越川代表、社長の人柄に嘘がないと感じる

 
この二つです。

去年、越川代表のリアル講座に参加したのですが、他の講師と違う雰囲気で敷居が低いので、ここに出会えたことがラッキー。私はついていると思いました。これまでの経験はマヤ暦アドバイザーとして講座をしたりセッションをする中で、リアルな体験談はとても活かされています。シンクロニシティ研究会のマヤ暦に出会って、本当にありがたかったと思う日々です。越川代表や社⻑また事務局の皆様の温かいサポートにも、いつも助けられています。 
 

−マヤ暦をどんな方に知ってほしいですか? 

私は、子供たちを取り囲む環境、ママに知ってほしいです。
私自身、男の子二人育てた経験がありますが、マヤ暦を子育て中(特に思春期中)に知っていたかったと思いましたし、ママが楽になる子供との接し方や間の取り方を知ってほしいです。将来的にはママが集う「ママの駆け込み寺」みたいな場所を作りたいと思っています。
これから、マヤ暦とモンテッソーリ教育をあわせた講座を開催することも楽しみにしているところです。(おばあちゃん世代もマヤ暦を知っているとサポートできるので、おすすめです)

 

−最後にメッセージをお願いします。

少しでもマヤ暦が気になれば、もうそれは始めどきです!まずは入口をあけてみましょう^^そして、自分の取説を知りたい方は、カフェでお茶を飲みながらご自身を知る機会を設けませんか?完璧じゃなくていい。それよりも、毎日が楽しい!と感じることが大切です。ぜひ、ピンときた方はお問い合わせください。
 
このストーリーのアドバイザー
西村 恵美
アドバイザー
西村 恵美

関連ストーリー

マヤ暦で子供の特性を知れば、どんなことが起こっても大丈夫

マヤ暦で子供の特性を知れば、どんなことが起こっても大丈夫

娘は、生まれた時から「普通」ではなかった。   8ヶ月検診で、異常が分かり、 「このままだと3日以内に死ぬ。大きな障害がある可能性もある。 どうするか明日までに決めてください」   そう言われた時は、目の前が真っ暗になった。   [...]
マヤ暦を学んで私が大きく変わったこと

マヤ暦を学んで私が大きく変わったこと

今日も面白がって、ごきげんに生きよう! 毎日発信をしている公式ラインの最後の言葉です。   K111青い猿 赤い蛇 音7の赤坂由美です。   軽やかな風の時代、青い猿のわたしの時代が『きた〜』と感じております。   この時代にマヤ暦を知ることで自己肯定感が上がり 1人1人が幸せになると確信しております。   そのマヤ暦をたくさんの方に知っていただきたい [...]
マヤ暦ってなに?から始まった出会い

マヤ暦ってなに?から始まった出会い

「今度、マヤ暦を教えている先生の食事会があるけど来てみない? とてもパワフルで素敵な先生よ。」    2016年の夏、扉が開いた。 [...]