令和6年 能登半島地震により被災された皆さまに、心からお見舞い申し上げます。
また被災地の一日もはやい復旧をお祈り申し上げます。



2024、2025年、激動の年になるとSNSなどで言われています。
個人的には、「心」すなわち「スピリット・精神」さえ定まり、なおかつ柔軟な状態であれば、全く心配はいらないと感じています。
なぜそう感じるのか、そのポイントについて触れてみます。

世界で最も幸せであった日本人が、いまは決してそうではありません。
毎年示される国連の持続可能開発ソリューションネットワーク(SDSN)が発表している「世界幸福度ランキング」で、日本は47位(2023年)となっています。

江戸時代末頃の話です。
静岡県の下田に滞在していたアメリカのタウンゼント・ハリス初代駐日総領事は、将軍に謁見するため、江戸を目指す旅を定期的にしていたようです。
その途中で、あまりに幸せそうに花見をしたり、生活している日本人をたびたび眼にし、「こんな幸せそうに暮らしている日本人に自分たちの文化を取り入れさせてよいものか?」そのように逡巡したといいます。

また、黒船襲来で日本に上陸したペリー提督。
さらに海外から日本にやって来て日本人やその生活ぶりを垣間見た多くの艦長は「不機嫌そうな顔をした日本人に会ったことがなかった」、このようなニュアンスの言葉を当時記しています。

そんな日本がどこから流れが変わり、こんにちのような状態に陥ったのでしょうか?

かなり前より申し上げていますが、私は大きな分岐点・ポイントになったのは「明治の改暦」にあったと確信しています。

それは旧暦の明治5(1872)年12月3日を新暦の明治6年1月1日としたことです。
これにより「西暦」と「時計時間」が取り入れられ、西洋の物質文明が大量に日本に入ってきました。

ここから日本の歴史は大きく変わります。
その延長上に日清戦争、日露戦争、第二次世界大戦へとつながっていったのではないでしょうか。

それほど「暦」「時間」は人間の精神、思考、暮らしなどに驚くほど影響を及ぼし、歴史を変えてしまうほどのパワーがあるのです。

そこで少しでも西暦、時計時間を横に置いて「マヤの暦」に触れていただきたいのです。
西暦、時計時間をムシして社会生活を送ることはできません。

現実としっかり向き合いながら、その状況の中でいかに「マヤ(先住民)の叡知」「マヤの暦」を取り入れ、自分らしく生きる。
少しでもこれを意識することで、全て問題が解決・解消に向かったり、新たな道が開けることをあまりに数多く眼にしてきました。

このサイトで貴方と出逢えたこの瞬間に感謝し、実際にお会いできますよう願っています。

 
心からの感謝を込めて

越川 宗亮
 

アナザーストーリー

不登校の娘と私がマヤ暦と出合って・・・

不登校の娘と私がマヤ暦と出合って・・・

お嬢さん2人が中学から不登校になり、将来に対する不安や心配でいっぱいで、お先真っ暗でどん底を生きているような気持ちになっていた、竹林さん。他のママ友には正直な気持ちを言えない孤独感や、世間の常識から外れている家族や自分が恥ずかしいと思っていたそうです。 お母さんである竹林さんだけではなく、お嬢さんたちもマヤ暦に出合うことで変わっていったそうです。 お子さんと [...]
マヤ暦を知って「自分が生きていること」を肯定することができました

マヤ暦を知って「自分が生きていること」を肯定することができました

インタビューの中の幼少期のMARINAさんには「自分が生きている意味」を問う魂の叫びを感じます。 ある日「何かに導かれるように」マヤ暦と出逢い、自分の生きる意味、役割、相手との違いを知り、人への興味を持てるようになったそうです。そして、今は音10の持つキーワード「プロデュース」から、悩みを聞いたり、人の背中を押せる自分でいたいと言っています。 幼少期のハードな経験が [...]
自分に本気で向き合って、マヤミラクルダイアリーに書くと変わる!

自分に本気で向き合って、マヤミラクルダイアリーに書くと変わる!

2019年にマヤ暦に出合い、2022年に本格的にマヤ暦を学び始めるまでに3年ほど間があいていたというあきよしさん。その間も、マヤミラクルダイアリーはお守りのように持ち続けていたそうです。 16年間の会社員生活にピリオドをうち、自分に本気で向き合い、ダイアリーに書いたことで、導かれるように現在のカフェでの活動につながったそうです。 自己肯定感が低く、気分の浮き沈みが激し [...]
マヤ暦のおかげで「頑張るお母さん」を手放すことができました

マヤ暦のおかげで「頑張るお母さん」を手放すことができました

「ちゃんとしていなければ」「ちゃんとした人」・・・・ マヤ暦を知る前の大坊さんのお話には「ちゃんと」という言葉が頻繁にでてきます。お子さんたちの前で、努力をされてきた様子が目に浮かびます。マヤ暦をきっかけに、自分を知り、家族を知り、家族との関係もよくなったといいます。何よりも、大坊さん自身が、自分に意識を向けて、自分を大事にすることにより、流れが変わってきた [...]
マヤ暦は生きる希望を与えてくれるものでした

マヤ暦は生きる希望を与えてくれるものでした

「なぜ自分は普通にできないのだろう」 何度もでてくるこの言葉が印象に残る小野さんのインタビューです。友人の自殺未遂や自殺、実の父親の交通事故死、など、子どものころの様々な経験を赤裸々にお話してくださいました。 そして、元々繊細で傷つきやすかったこともあり、「生きにくさ」や「人生に対する絶望感」に支配されていた小野さんがどのように希望をもって生きることができる [...]
 

私たちについて

代表あいさつ

研究会について

マヤ暦とは?

越川宗亮の講座案内

受講者の声

よくある質問

アドバイザー紹介

アドバイザーになるまで